CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「守り勝つ野球」の面白さ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
MLB.comとNPB.co.jp
 野球好きの日本人がみんなメジャーリーグに格別興味があるとは思わないが、チームの名前をひとつも知らない、という人は珍しいだろう。シーズン中はテレビで、新聞で当たり前のように日本人メジャーリーガーの活躍を毎日のように目にするご時勢である。テレビや新聞よりは格段に少なくとも、その中の何%かの野球好きは、ニュースや画像を求めてMLB.comを訪問したことがあるのではないだろうか。

 安易なMLB礼賛、NPB貶しへと走るつもりはないが、このサイトを目にするだけで、このふたつのスタンスの差がはっきりとわかるような気がする。英語がわからなくとも、トップページを見ただけでその情報量の多さに驚く人も多いだろう。MLB.comは単なる野球機構のインフォメーションサイトではない。30球団すべての個別の公式サイトと、膨大なコンテンツを含んだ巨大なスペースなのである。

 あまりにもコンテンツが多いためしばらく紹介に終始するが、トップページから見ていくと、一番目立つところには、写真入で最近のトピックスが紹介されている。上部にはメニュー部分が配置されているが、ざっと見ただけでもVideo、Photo、Fanforumと豊富なコンテンツがあるのがわかる。Videoに関しては複数のサービスがあり、料金を払って有料会員になればゲームを最初から最後までストリーミング映像で視聴できる。Play of the Gameに関しては無料で視聴することができる。
 左上のプルダウンメニューからは同じフォーマットで構成された各球団の公式サイトへと移動できる。どこの球団のサイトからもそれぞれのニュースや、ビデオのページへと移動できる仕組みになっているのがわかるだろう。
 どの球団のサイトからも、Statsをクリックすれば、MLBの膨大なデータを無料で閲覧できる。たとえば、イチローのデータを探せば、彼の年度別の打率、本塁打数から長打率、盗塁数ももちろん分かるし、U.S. Cellular Fieldで彼が2003年にシングルヒットを打った方向の傾向も調べられる。そして、イチローのようなスターだけではなく、すべての球団のすべての選手のデータが同じようにデータベースに蓄積されているのである。
 他にもGamedayと言う名で行われている実況試合中継も目玉サービスのひとつである。日本でも複数のWebサイトが提供しているサービスだが、MLB.comはすべての試合に記録員を派遣し、投球ごとの守備位置に至るまで正確な情報をリアルタイムに配信している。野球好きならこれがどんなに大変で、そして見る側にとってはすばらしいことなのか理解できるはずだ。
 そしてMLB.comにはチケットや記念グッズを販売するECサイトとしての側面もある。Ticketsのページではすべての対戦カードのチケットや、オフシーズンには次のシーズンチケットを購入することができるし、MLBShopではすべての球団のチームグッズを購入できる。コンピュータの前に座っているだけで、観戦の準備がすべて整ってしまうのだ。
 まだMLB.comの機能を紹介しきれてはいないが、MLB.comが球場に行って応援する人、パソコンの前で途中経過を迅速に知りたい人、試合結果だけ知りたい人、データをディープにしゃぶりつくしたい人、それらすべての期待にこたえているサイトだと言うことをわかってもらえただろうか?

 さて日本のプロ野球のWebでの展開はどのようなものとなっているのだろうか。一応日本野球機構のオフィシャルサイトというものは存在する。が、トップページからしてMLB.comと比べるのはなんだかおこがましい。ニュース配信や映像配信、試合のネット中継は行っていないし、データに関しても球団の順位や打率トップ10などのごく一部しか調べることはできない。月間MVPに関してはセリーグ・パリーグそれぞれの公式サイトに行かないと分からない。グッズのECサイトはあるが、チケットの購入は不可能である。

 もちろん、webの海をさ迷えばチケットぴあでチケットを購入することはできるし、データに関しても近年のものであればもう少し詳しいものを調べることはできる。実況中継もYahooやgooで行われている。しかし、これらすべてをひとつのサイトで済ませられるとしたら、ファンに対する利便性はどれだけ高まることだろう。試合に行こうと思った時に、複数の球場の試合日程を調べ、行きたい試合が見つかったら即座にオンラインでチケットを購入できること、スポーツニュースを待たずともストリーミング映像で今日の試合のハイライトを見返すこと、選手同士の対戦成績をさっと調べられることは日本のプロ野球ファンにとっては夢にすぎないのだろうか?

 そもそも何故MLBがMLB.comのような統括されたWebサイトを持つことができているのかと言うと、それはMLB自体が統括された組織だからである。システムを一元化し、運営管理をMLB Advanced Mediaという会社に委託することによってコストの削減を実現させながら、ファンの求めているものを提供することができるのだ。統括組織が存在せず、単なる12人のオーナーの談合が決済機関となっているNPBでは、映像、ニュース、データそれぞれの権利を統括して管理することができないため、事実上MLB.comのようなサイトをつくるのは不可能なのである。

 統括組織の必要性は今まで何度も叫ばれてきたことではある。これはほんの一例にすぎないが、プロ野球をグラウンドの外から、より良いもの、よりファンに受け入れられるものに変えていこうとしたときには、かならず統括組織の存在が必要となってくる。球団と球団、リーグとリーグで揉めるのも良いが、そろそろ本当にNPBとして、日本の野球界全体をひとつにして未来を見つめなければいけない時期ではないだろうか。
 スコアを見ただけでゲームを見渡せるスポーツである野球は、すなわちWEBに強いスポーツでもあるのだから、その利点を活かさないのはなんとも勿体無い。今年は新たに二社IT企業と呼ばれる企業が球団の親会社となった。統括組織の必要性を思うと難しいだろうが、彼らがその力を活かして日本プロ野球のIT化を促進してくれることを期待したい。

参考文献:
コモエスタ坂本「真夜中のadmin:vol74,ITとプロ野球」週刊アスキー掲載
Bart Eisenberg「ボールパークとなったWebサイト:MLB.com」Web Site Expert掲載

追記:4ヶ月ぶりの更新です。やる気ねー!!なんかすごくあちこち間違えてそうなんで間違えてたらご指摘お願いします。
| プロ野球全般 | 21:56 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |
コメント
はじめまして。
実はけっこう前から、炭さんのサイトをこっそり拝見させていただいてました、029と申します。
「ダッペケイ」はもちろんですが、こちらが久々の更新だったので、嬉しくてつい書き込んでしまいました。
何も知らない私にとって、炭さんの野球観はいろいろと勉強になります。
これからも楽しみにしています!\(・∀・)/
| 029 | 2005/01/11 8:31 PM |
はじめまして!ナックルといいます。
(実は私も以前からダッペケイに通っていました。)
日本野球とアメリカ野球の違いをウェブサイトからも感ずれるとは。
日本でもオンラインサービスの需要は高くなっていますからお客、ファンのニーズに応えるのは当たり前のことなはずなのに・・・。やはり根本からの改革が必要なんだと改めて感じました。
| ナックル | 2005/03/04 7:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://npb.jugem.cc/trackback/18
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/01 4:50 PM |