CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 阪神ファンという免罪符 | main | 5/1 牛×鷹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
太陽と月
しばらく更新が滞って申し訳ない。こちらは週一+観戦記更新というスタイルでいこうと思ってるのですがいまだに試行錯誤中です。

というわけで今回もインチキ野球話を。
西武の松坂投手が17日に二試合連続完封勝利で2勝目を挙げた。勝敗こそ2勝2敗だが、防御率、奪三振ともに他の選手を寄せ付けない好投を続けている。ライオンズもまた、彼が二試合連続で完投負けを喫していた開幕直後から打って変わった快進撃を続けている。松井稼頭夫が去った今、ライオンズはまさに松坂大輔のチームである。彼が勝利を挙げることがチーム全体の士気となり、「松坂の手に勝利を掴ませる」ために野手は打棒を振るう。松坂大輔を中心としてチームは回っている。彼は太陽のようなエースである。

さて、パシフィックリーグより一週間遅れて開幕したセントラル・リーグだが各球団のエースの中ではドラゴンズの川上憲伸と、タイガースの井川慶が負け無しの三連勝を挙げた。川上憲伸は昨年故障に苦しみ、ピッチングスタッフの揃っているドラゴンズの中でエースと認められるには今年が勝負所だが、ここ数年、一度も一軍登録をはずされずに投げ続けている井川慶は今や押しも押されぬタイガースのエースと言えるだろう。

ただ、井川慶の存りかたは松坂大輔のそれとは種を異にするものである。甲子園のエースとしてプロ入りしたときから注目と期待を浴び続け、またそれに応えてきた松坂と違い、井川は投げ続けること、勝つこと、結果を残すことによってエースの座を勝ち取ってきた。上原浩治と並んでセントラルリーグを代表する投手と呼ばれるようになった今でも、タイガースが彼を中心にして回ることはなく、井川はタイガースのために投げ続けている。松坂と比べると、彼が月のように思えることがある。

シドニー、アテネと続く"全日本"のエースたらんとする松坂と、あくまで「タイガースのエース」であることに重きを置く井川慶。純血にして名門で在り続けるライオンズと、長年の屈辱から補強してでも貪欲に勝とうとするタイガース。彼らは同じエースと呼ばれる存在でありながら、置かれている立場も求められるものも違っているように感じられる。しかし、そんな二人でも目指しているものはたぶん同じ「メジャーリーグ」という舞台なのだろう。松坂は井川よりひとつ年下だが、実働年数は彼のほうが長い。不慮の大怪我などがなければ、そう時期を違えずしてふたりは海を渡ることだろう。

これはわたしの想像に過ぎないがまた海の向こうでも、松坂はチームを彼のものにしてしまうだろうし、井川はチームのために投げつづけるだろう。どちらが上とか、そういうことではなく。願わくば、彼らが同じリーグのチームに所属してほしい。そしていつか彼らが、青い空と天然芝の広がるボールパークの上で、自らの実力を出し切って対決する機会があることを、それをわたしが目に出来ることを心から願ってやまない。
| プロ野球全般 | 21:49 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |
コメント
私は、“月”が好きなようです。
月の方がより美しく見えてしまう。清清しいというか、静かに誰彼を照らすわけでもなく、ただ輝いて、潔いというか。
タイガースという、ひたすら煩いファンやマスコミに囲まれるチームのエースは、ご指摘のような“お月様タイプ”が、自身もチームも壊さず機能するのかもしれませんね。
一方の“太陽”ですが、なぜか開幕試合だとか、日本シリーズ、オールスターなどの大舞台では太陽らしからぬ結果が多い。ですが、松坂世代と投げ合う時、またエース烙印などと周囲が騒ぎ始めると、途端に鮮やかに完封し喧騒を沈めてしまいます(笑)
やっぱ、天性の無邪気な輝きなんでしょうか?
これは乱暴で手前味噌な言い草ですが、野手はどんなに3割
打てるアベレージヒッターでも、大砲でも日々進化せずには結果は残らない。では投手は?と問われれば、自身をいかにキープできるかだと。フォーム、バランス、精神面含めたスタミナをどれだけいいコンディションで整えられるか、維持できるか。1試合9イニングと1試合4打席は、ぜんぜん違う。あれれ、論点がズレてきたゴメンナサイ(笑)

ボールパークで二人の才能がガチンコする日が早く来てほしいような、ちょっとサミシイような…
| mmmm | 2004/04/22 9:17 AM |
>mmmmさん
まったくの私見なので恥ずかしい限りなのですが、わたしもどちらかというと月のほうが好きです。太陽の輝きはややまぶしすぎるところがあるからかもしれません。
だからといって、ほかにタイガースの太陽と呼ぶにふさわしい選手がいるかというと残念ながら現在はいないというしかないんですけど、たとえば新庄はどこにいっても太陽になってしまう選手だと思います。ほかに誰かいるかというとダイエーにとっての城島、ロッテにとっての黒木は太陽と呼ぶに相応しい選手ではないかと思ってます。
どちらのタイプの選手もいるからこそ、双方の良さが引き立って見えるのではないかと思うのですが、今回は年齢も近いし対照的かと思ってこのふたりを取り上げてみました。ただ、どちらも海を渡った後のことを考えるとやや日本球界のことが不安になるのもまた事実ですよね。
| 炭 | 2004/04/22 11:29 PM |
なんだか矛盾しますが、タイガースにとっての井川慶は燦燦たる“太陽”です。
燦燦なんて、うわーっGっぽい形容詞(汗)
そこで、ものすごーく独断偏見込みで言い放つとチームにとっての“月”は指令塔の矢野さんではないかと。開幕3連勝以外は、調子悪い裏ローテ&中継ぎ投手どもと心中状態の恋女房。
どこまでも添い遂げてしまうあたりは、城島とか古田とかとは線を逸する完璧なお月様タイプだと思うんです。
そこまで負けを背負い込まんでええんちゃいます??…と人生舐めてるテキトーな私なんかは、TVの前でいっつも泣いてます(嘘八百)
あ、でも勝った瞬間の笑顔、TV映りの美しさ、八重歯キラリン、お約束のガッツポーズなんかは勝利投手も守護神も霞む“主演男優”。あらら、これも矛盾(笑)
| mmmm | 2004/04/23 7:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://npb.jugem.cc/trackback/8
トラックバック