CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
飛ぶ声、飛ぶ雲、飛ぶボール
5/15の観戦レポもかけてないです。そのうち書くつもりです。有言不実行な人間ですみません。たぶん一生このまま生きていくのだと思います。気を取り直してエセまじめインチキ野球話をさせてもらいます。お付き合いいただけたら幸せ。

 プロ野球が打高投低になっていると言われ始めてから久しいが、それにしても今シーズンの打高投低ぶりは顕著である。セントラル・リーグはだいたい全日程の1/4を消化しているが、実に5/19の打率ランキングに名前を連ねている三割打者だけでも20人を数えている。本塁打ランキングでも、ジャイアンツの阿部を筆頭に既に二桁の本塁打を打っている選手が8人もいる。一方、投手の防御率ランキングに目を移すと、防御率を2点台以下でキープしているのはタイガースの藪、福原とドラゴンズの川上、山本昌の4人だけである。去年20勝をかぞえたタイガースの井川ですら、ベイスターズのウォーカーと並び、この時期にしてなんと13本もの本塁打を浴びているのだ。

 何もこんな現象は今年になっていきなり起こったわけではない。4年ほど前からパワーヒッターでもない打者が合わせただけの打球をスタンドインさせることはそう珍しいものでもなくなっている。そしてその原因として取りざたされているのが「飛ぶボール」の存在である。他社のものより飛ぶといわれているミズノ製のボールを、昨年までにセリーグではジャイアンツ・ベイスターズ・ドラゴンズがそれぞれホーム球場で導入していた。そしてさらに、今年に入って今まであまり飛ばないとされていたサンアップ社製のボールを使用していたスワローズが、サンアップ社の倒産に伴ってミズノ製ではないにしろ、前のものより飛ぶボールを使わざるをえなくなったのだ。ただでさえ狭い神宮球場で飛ぶボールを使用したらどうなるのか。スワローズ投手陣の防御率はリーグ唯一の5点台に沈み、現在セリーグ1位の21本のホームランを放っている阿部はそのうち半分近い9本をスワローズ戦で稼いでいるのである。

 わたしが不思議でならないのはこの「飛ぶボール」を導入するチームがあとをたたないことである。過去にも一リーグ制の一時期、ラビットボールと呼ばれたボールを使用した年があったが、あまりにも打撃成績があがりすぎたため、その年の記録は眉唾物だと言われつづけた。また、メジャーに行く選手も後をたたない中でなぜ国際基準からあまりにも離れた球が次々と導入されるのだろうか。昨年のオリンピック予選では、各チームから強打者を集めたにもかかわらず、三試合でホームランは一本も出なかった。ジャイアンツの上原の弁によると打球に勢いがつきすぎてもし選手に打球が当たった場合、深刻な怪我に発展する恐れもあるという。

 ホームランは野球の華である。それを否定はしたくない。だが、野球の華にふさわしいホームランとは、ちょこんとバットに当てた打球がフラフラと上がってスタンドインするものではなく、完璧に狙い打った打球が美しい弧を描いて、スタンドへと吸い込まれていくものだろう。今日もTVに映るゲームでは一試合に何本もホームランが飛び出し、アナウンサーが「ホームラーン!!」と絶叫する。時代は移ろいゆくが野球の面白さの本質はそんなに簡単に変わるものではないと思う。どちらにも二桁以上の得点が入るようなゲームは一見派手だが、本当の野球の面白さが凝縮されているのは3-2くらいのスコアの行き詰るゲームではないだろうか。そのようなゲームが見られる機会が明らかに少なくなってきていることが、寂しくてならない。
| プロ野球全般 | 23:27 | comments(3) | trackbacks(0) |
つぶやき
"純粋な"阪神ファンって一番タチが悪いよなあ。大体純粋と盲目の意味がイコールになってるひとが多いと思うのですがどうかと。阪神負けてもいいやって言ってる程度でものすごく気分が悪くなるようなファンが純粋なファンだとしたら別に嫌われてもいいよ。阪神が別に負けてもいい日がある人はすごいアンチタイガースなんだってへーすごーい(棒読みで)。
| 日々つれづれ | 23:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
あるひとつの違和感
定期的に更新とかはあきらめました。月4回プロ野球話不定期、て感じでいこうかと。ここ見てる人たぶん6人くらいだと思うしね。では以下くだらない野球話です。

非常に個人的なことで恐縮なのだが、去年あたりからタイガースに対して以前ほどの思い入れを感じられなくなってきている。誤解を恐れずに言えばタイガースに対するひとつの違和感を、無視できなくなっている。それは私個人の飽きっぽい性格や、思い入れのあった選手の引退やトレードなどが要因となったのだと最近までは考えていた。確かにそれらの要因が大きな理由を占めてはいるのだろう、だが今のタイガースを見ていると、違和感の正体がはっきりと見えてくる。

 「タイガースの4番、金本」結局のところ、私がいまだに違和感を感じ続けているのはこの一点なのである。これは別に金本本人をわたしが嫌っているとかそういうことではない。アリアスや片岡など他にも他球団からの移籍選手はいるが、恥ずかしながら2002年以前のパリーグに関してあまり知識が無かったがために、移籍前の姿が印象に残っているのは彼だけだからなのだろう。

 金本は今やタイガースで1,2を争う人気選手となっている。生え抜き選手のように思い入れを持って応援している人も少なくないと思う。実際、3番打者としての昨年の優勝への貢献は素晴らしいものであった。私も試合を決める打撃をできる希少なバッターだと評価している。

ただ、彼の活躍を手放しで喜べない何かがある。それはきっと、地元の小さな地方球団で、ドラフト下位指名から4番まで這い上がったある選手と、ユニフォームの赤が似合っていて、必ずいいところでタイムリーを打った憎たらしい選手と彼をどうしても比べてしまうからなのだろう。そうして、甲子園の大観衆の応援を背に受けている姿よりも、あまり人も入らない小さな球場でそれでも地元のファンに愛のこもった声援を送られていた姿のほうを格好いいと思ってしまうからなのだろう。

くだらない感傷である。時代遅れな考え方である。きっとこれからFA移籍は活発化するし、ひょっとしたら資金的にFA制度を利用できない広島やヤクルトのような球団は淘汰されていくのかもしれない。しかしそれでも私の違和感を簡単に拭い去ることは出来ないだろうし、同じような違和感を抱いている人が、少数でも他にいるような気がしてならないのだ。
| プロ野球全般 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/1 牛×鷹

この前の西武戦もその前のダイエー戦もまともにレポしてないので今回はちゃんとやりますヨ!GWだし赤Tだしダイエー戦だしで恐ろしいほど混雑してるかもとビビってたのですが、試合開始10分前に到着したにも関わらず特に並んだりもせずフツーに内野指定で入れました。さすがに外野は満席、内野自由も下段は埋まってましたが内野指定はわりと空いてて、いつものようにまったりした雰囲気。正直最近の甲子園のヒット一本出ただけで内野まで立ち上がってギャーギャー騒ぐのが常々ウザいなあと思ってるのでこの「野球を観に来てる」という雰囲気は心地いいです。

大阪ドームはフェンスの色もださいしグラウンドにも風情もなにもなくて野球場としてはアレだなあと思うのですがこの内野のまったり感は好きですね。関西の野球場としてはヤフスタがピカイチですがいかんせん遠いし、甲子園は応援がウザいしチケットがめんどくさいしボロいし難しいところですねぇ。
しかし時間が時間だったのでラッキーカードも赤Tもダイドードリンコも当然もらえませんでした。まあ赤Tはいらないけどさ。

ムネリンはこないだと同じくサードでのスタメン、ショートは鳥越さんでした。鳥越ー井口の二遊間が観たかったので喜んだのですが、二回表の打席が終わった後なにがあったか良くわからないのですが鳥越さんはひっこんでしまいムネリンがショートに回ってました。スイングでまたどっか痛めてしまわれたのでしょうか。
先発投手は両軍予告通りのマハラーーバーンでした。マハラー目当てで来たので満足です。いや予告先発だけどこないだの和田パンみたいなこともあるしさ。試合は一回表にエラーがらみで点が入ったあとは、バルデスが2本のホームランを打って最初からホークスペース。ムネリンは打率350くらいで登場したのでオオっと思いましたが結局この日は快音は聞かれませんでした。わたしは一応ダイエー応援だったのですが、鷹牛だと両方のファンの配分が同じくらいでいい感じ。甲子園は常に圧倒的ホームだからさ…。

ひとつ感動したとこをあげると、8回裏に倉野投手が足に打球を当ててしまって、マウンドに選手がしばらく集まって手当てしてたのですが、近鉄が負けていて結構長い治療時間だったにも関わらず一回も近鉄ファンの側から「は・よ・や・れ!」は起こりませんでした。ピッチャー交代の時はあんだけすぐやるのに。わたしが常々言ってる敵にも最低限の敬意をもってほしいってのはこういうことなんです。去年あたりから甲子園での品性下劣なファンの態度にほんとに辟易していたので久々に清々しい気持ちになれました。

ダイエーペースのままで試合は進み、5-2で迎えた9回裏。水田投手が1アウトを取って「ダイエーも快勝しそうです」と牛ファンの知人にメールした矢先、鷹野さんがいきなり2ランで一点差。まあランナーいないしね!と気を取り直したものの2アウト取った後で懐かしの星野おさむが内野安打→大村のヒットで1,3塁。ここでわたしが牛で一番好きな水口さんが登場して打って欲しいような欲しくないようなビミョウな気持ちで見ているとレフト前へ美しい同点タイムリー!完全に流れは近鉄に持っていかれて、続く川口さんの打球が外野の頭を越えてさよなら負けを喫してしまいました。ううん、野球はこれだから面白いなあ。それにしてもマハラーは残念でした。そこまでよくなかったけどうまく抑えていたのになあ。
| 観戦記 | 21:33 | comments(3) | trackbacks(0) |
太陽と月
しばらく更新が滞って申し訳ない。こちらは週一+観戦記更新というスタイルでいこうと思ってるのですがいまだに試行錯誤中です。

というわけで今回もインチキ野球話を。
西武の松坂投手が17日に二試合連続完封勝利で2勝目を挙げた。勝敗こそ2勝2敗だが、防御率、奪三振ともに他の選手を寄せ付けない好投を続けている。ライオンズもまた、彼が二試合連続で完投負けを喫していた開幕直後から打って変わった快進撃を続けている。松井稼頭夫が去った今、ライオンズはまさに松坂大輔のチームである。彼が勝利を挙げることがチーム全体の士気となり、「松坂の手に勝利を掴ませる」ために野手は打棒を振るう。松坂大輔を中心としてチームは回っている。彼は太陽のようなエースである。

さて、パシフィックリーグより一週間遅れて開幕したセントラル・リーグだが各球団のエースの中ではドラゴンズの川上憲伸と、タイガースの井川慶が負け無しの三連勝を挙げた。川上憲伸は昨年故障に苦しみ、ピッチングスタッフの揃っているドラゴンズの中でエースと認められるには今年が勝負所だが、ここ数年、一度も一軍登録をはずされずに投げ続けている井川慶は今や押しも押されぬタイガースのエースと言えるだろう。

ただ、井川慶の存りかたは松坂大輔のそれとは種を異にするものである。甲子園のエースとしてプロ入りしたときから注目と期待を浴び続け、またそれに応えてきた松坂と違い、井川は投げ続けること、勝つこと、結果を残すことによってエースの座を勝ち取ってきた。上原浩治と並んでセントラルリーグを代表する投手と呼ばれるようになった今でも、タイガースが彼を中心にして回ることはなく、井川はタイガースのために投げ続けている。松坂と比べると、彼が月のように思えることがある。

シドニー、アテネと続く"全日本"のエースたらんとする松坂と、あくまで「タイガースのエース」であることに重きを置く井川慶。純血にして名門で在り続けるライオンズと、長年の屈辱から補強してでも貪欲に勝とうとするタイガース。彼らは同じエースと呼ばれる存在でありながら、置かれている立場も求められるものも違っているように感じられる。しかし、そんな二人でも目指しているものはたぶん同じ「メジャーリーグ」という舞台なのだろう。松坂は井川よりひとつ年下だが、実働年数は彼のほうが長い。不慮の大怪我などがなければ、そう時期を違えずしてふたりは海を渡ることだろう。

これはわたしの想像に過ぎないがまた海の向こうでも、松坂はチームを彼のものにしてしまうだろうし、井川はチームのために投げつづけるだろう。どちらが上とか、そういうことではなく。願わくば、彼らが同じリーグのチームに所属してほしい。そしていつか彼らが、青い空と天然芝の広がるボールパークの上で、自らの実力を出し切って対決する機会があることを、それをわたしが目に出来ることを心から願ってやまない。
| プロ野球全般 | 21:49 | comments(3) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>